国際連合安全保障理事会決議1438

国際連合安全保障理事会決議1438(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1438 : United Nations Security Council Resolution 1438)は、2002年10月14日国際連合安全保障理事会において全会一致で採択された決議。

国際連合安全保障理事会
決議1438
日付: 2002年10月14日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 4624回
コード: S/RES/1438
文書: 英語

投票: 賛成: 15 反対: 0 棄権: 0
主な内容: バリ島爆弾テロ事件に対する非難
投票結果: 採択

安全保障理事会(2002年時点)
常任理事国
中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
ロシアの旗 ロシア
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
非常任理事国
 ブルガリア
カメルーンの旗 カメルーン
 コロンビア
ギニアの旗 ギニア
アイルランドの旗 アイルランド
メキシコの旗 メキシコ
モーリシャスの旗 モーリシャス
 ノルウェー
シンガポールの旗 シンガポール
シリアの旗 シリア

バリ島爆弾テロ事件の慰霊碑

概要 編集

国際連合憲章第7章決議1373(2001年9月28日に全会一致で採択:反テロリズムに関する決議)を再確認した上で、国際連合安全保障理事会は同年10月12日インドネシアバリ島で発生した爆弾テロ事件を非難した[1]

国際連合安全保障理事会は、テロ行為によって脅かされる国際平和と安全とを守るために断固闘い抜く必要性を強調した[2]。数多の死傷者を出したバリ島爆弾テロ事件だけでなく、同じように世界各国で発生しているテロ事件に対しても非難した。なお、国際連合安全保障理事会は今回の爆弾テロ事件における犠牲者の遺族、インドネシア政府、およびインドネシア国民に対して同情と哀悼の意を表した[3]

決議1438では世界各国が今回の決議に基づいて、バリ島爆弾テロ事件の容疑者を裁判にかけるためにインドネシア政府に協力するとともにあらゆる援助を行うように要求した。最後に、これからもあらゆるテロ行為に対して立ち向かう決意を表明して国際連合安全保障理事会は閉会した[4]

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ “Security Council condemns bomb attacks in Bali, Indonesia; regards acts as threat to international peace”. United Nations. (2002年10月14日). https://www.un.org/News/Press/docs/2002/SC7529.doc.htm 2010年7月21日閲覧。 
  2. ^ Nesi, Giuseppe (2006). International cooperation in counter-terrorism: the United Nations and regional organizations in the fight against terrorism. Ashgate Publishing, Ltd. p. 96. ISBN 978-0-7546-4755-3 
  3. ^ “Security Council condemns Bali attack as threat to international peace”. United Nations News Centre. (2002年10月14日). https://www.un.org/apps/news/story.asp?newsid=5033&cr=&cr1= 2010年7月21日閲覧。 
  4. ^ Associated Press (2002年10月15日). “UN Security Council condemns Bali bombings”. The Star (Malaysia). http://thestar.com.my/news/story.asp?file=/2002/10/15/latest/8050UNSecurit&sec=latest 2010年7月21日閲覧。 

外部リンク 編集