国際連合安全保障理事会決議665

国際連合安全保障理事会決議

国連安全保障理事会決議665(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ665、: United Nations Security Council Resolution 665)は、1990年8月25日国際連合安全保障理事会で採択された決議である。1990年8月2日のクウェート侵攻を受けて、過去の決議660661662664の完全かつ即時の履行を求め、イラクへの禁輸措置を実行するための海上封鎖を承認した。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議665
日付: 1990年8月25日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 2,938回
コード: S/RES/665
文書: 英語

投票: 賛成: 13 反対: 0 棄権: 2
主な内容: イラクのクウェート侵攻
投票結果: 採択

安全保障理事会(1990年時点)
常任理事国
中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
カナダの旗 カナダ
コートジボワールの旗 コートジボワール
 コロンビア
 キューバ
エチオピアの旗 エチオピア
 フィンランド
マレーシアの旗 マレーシア
 ルーマニア
イエメンの旗 イエメン
ザイールの旗 ザイール

Persian Gulf EN.PNG
ペルシャ湾

クウェート侵攻勃発後の1990年8月6日、安保理は、医療品、食料、その他の人道支援に必要な物資を除いて、イラクへの禁輸を実行し、経済制裁を課す決議661を採択した。海上封鎖を承認するにあたり、安保理は、加盟国に対して互いに協力し、軍事参謀委員会とともに決議661を確実に履行するように求め、さらに、国際連合事務総長に対して、状況の進展について報告するように求めた。

決議は、キューバとイエメンが棄権したが、賛成13で採択された。封鎖を法的に実行可能とする国際連合憲章第7章第42条に基づく安保理の権限行使は避けられた[1]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ United Nations: Department of Political Affairs (1989). Repertoire of the Practice of the Security Council: Supplement 1989–1992. United Nations Publications. p. 587. ISBN 978-92-1-137030-0 

外部リンク編集