國方 栄二(くにかた えいじ、1952年 - )は、日本の古代ギリシア・ローマ哲学の研究者。

人物・来歴編集

大阪府生まれ。1985年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。2005年「プラトンのミュートス」で京都大学・文学博士。京都大学文学部非常勤講師[1]京都大学学術出版会西洋古典叢書」の編集者[2]などを務める。

著書編集

翻訳編集

  • クラウス・ヘルト『地中海哲学紀行』上・下、井上克人共監訳、晃洋書房, 1996-98
  • G.S.カーク, J.E.レイヴン, M.スコフィールド『ソクラテス以前の哲学者たち』
内山勝利木原志乃・三浦要・丸橋裕共訳、京都大学学術出版会, 2006.11
中畑正志編、鎌田雅年・久保徹・脇條靖弘・木下昌巳・村上正治共訳

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『ストア派の哲人たち』
  2. ^ 北見紀子:クイントス・スミュルナイオス『ホメロス後日譚』”. clsoc.jp. 2021年10月30日閲覧。

外部リンク編集