メインメニューを開く

國盛酒の文化館(くにざかりさけのぶんかかん)は、愛知県半田市にある博物館である[3]。半田では1682年の時点で75戸の酒造家があったとされ、昔から酒造が盛んな街であった[3]。時代を経るにつれ酒造法も変わってきたため、かつての酒造文化を後世に伝えるために開設された[3]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 國盛酒の文化館
Kunizakari Sake no Bunkakan Museum
Sakenobunkakan.JPG
國盛酒の文化館の位置(愛知県内)
國盛酒の文化館
愛知県内の位置
施設情報
正式名称 國盛酒の文化館
専門分野 日本酒
館長 大橋明宏[1]
管理運営 中埜酒造株式会社
開館 1985年昭和60年)[2]
所在地 475-0878
愛知県半田市東本町2-24
位置 北緯34度53分43.3秒 東経136度56分5.91秒 / 北緯34.895361度 東経136.9349750度 / 34.895361; 136.9349750座標: 北緯34度53分43.3秒 東経136度56分5.91秒 / 北緯34.895361度 東経136.9349750度 / 34.895361; 136.9349750
外部リンク 國盛酒の文化館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

1985年昭和60年)、新工場の完成と稼動を機に創設された中埜酒造企業博物館である。かつての酒蔵を利用し日本酒造り工程や酒造りの道具などが展示されているほか、酒の試飲もできる[2][3]

酒の文化館がある半田運河周辺には、かつて中埜酒造が属していたミツカングループの博物館「酢の里」がある。

利用案内編集

  • 開館時間 - 10:00 ~ 16:00 ※見学には予約が必要。
  • 休館日 - 毎週木曜日(木曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始、盆休み
  • 入館料 - 無料

交通アクセス編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新着情報”. 半田商工会議所 (2012年10月25日). 2013年12月26日閲覧。
  2. ^ a b 国盛 酒の文化館”. ジャパンナビ・知多半島ナビ. 2015年3月1日閲覧。
  3. ^ a b c d 板垣建三「國盛酒の文化館」『日本醸造協会誌』第83巻第11号、日本醸造協会、1988年、 744-745頁、 doi:10.6013/jbrewsocjapan1988.83.744

関連項目編集

外部リンク編集