國語と國文學』(国語と国文学 こくごとこくぶんがく)とは、東京大学国語国文学会編集による学術雑誌1924年から発行されている。

國語と國文學 
学術分野 日本語学
日本文学
言語 日本語
詳細
出版社 至文堂(1924年 - 2009年)
ぎょうせい(2009年 - 2011年)
明治書院(2012年 - )
出版国 日本
出版歴 1924年 -
出版間隔 月刊
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

概要編集

東京大学国語国文学会が編集する学術専門誌であるが、東京大学の関係者に限定せず、広く日本語学日本文学研究者から募集した投稿論文を掲載しており[1]学会への登龍門のような役割をも果たしている。歴代の編集代表には、秋山虔市古貞次久保田淳時枝誠記久松潜一藤村作松村明三好行雄などがいる。

創刊当初の発行は至文堂で、2009年からはぎょうせいが発行していたが[2]2011年10月号をもって発行元を降りることが発表され、2012年1月号からは明治書院が発行を引き継いだ。

脚注編集

  1. ^ 特定の月を特集号としている。当初は4月号と10月号であったが、1977年からは5月号と11月号になっている。
  2. ^ 同年4月1日をもって業務統合したことにより、書籍・雑誌の編集制作は至文堂、発行はぎょうせいが行うことになった。

外部リンク編集