松村明

松村 明(まつむら あきら、1916年9月3日 - 2001年11月22日)は、日本国語学者位階勲等正四位勲三等瑞宝章称号文学士東京大学名誉教授。『大辞林』の編纂者として知られる。

目次

経歴編集

東京生まれ。旧制浦和高等学校を経て東京帝国大学国文科卒業。

著書編集

単著編集

  • ローマ字教育論 牧書房、1948
  • 国語概説 東洋館出版社、1952
  • 江戸語東京語の研究 東京堂、1957
  • 古文解釈国文法 学生社、1958
  • 洋学資料と近代日本語の研究 東京堂出版、1970
  • ことば紳士録 朝日新聞社、1971
  • 国語史概説 秀英出版、1972
  • 国語表現法 桜楓社、1975
  • 国語表現法 実践ワークブック 桜楓社、1976
  • 近代の国語-江戸から近代へ 桜楓社、1977
  • 江戸ことば・東京ことば 教育出版、1980/講談社学術文庫、1993
  • 日本語の展開 日本語の世界2:中央公論社、1986
  • 近代日本語論考 東京堂出版、1999

編纂編集

記念論集編集

  • 国語学と国語史 松村明教授還暦記念会 明治書院、1977
  • 国語研究論集 松村明教授古稀記念会 明治書院、1986
  • 国語研究 松村明先生喜寿記念会 明治書院、1993
  • 近代語研究 第11集 松村明教授追悼論文集 武蔵野書院、2002。近代語学会編

参考編集

  • 松村明教授略年譜 (松村明教授追悼)「国語と国文学」2002-08