メインメニューを開く

土井 利謙(どい としかた)は、三河刈谷藩の第4代藩主。刈谷藩土井家7代。

 
土井 利謙
時代 江戸時代後期
生誕 天明7年11月29日1788年1月7日
死没 文化10年5月20日1813年6月18日
改名 三郎(幼名)、利謙
戒名 正運院直誉端心憐道
墓所 愛知県刈谷市広小路の十念寺
官位 従五位下、伊予守、山城
幕府 江戸幕府 奏者番大坂加番
三河国刈谷藩
氏族 土井氏
父母 父:土井利徳、養父:土井利制
兄弟 信、利制、久喜(神尾元喬室)、登志、利謙
利央利位、筍、利以
正室:阿部正倫の娘、継室:土屋英直の娘
継室:松平忠恕の娘
養子:利以

天明7年(1787年)11月29日、第2代藩主土井利徳の次男として生まれる。兄で第3代藩主の利制に嗣子がなかったために養子となり、寛政6年(1794年)の兄の死去により家督を継いだ。

享和3年(1803年)12月26日に奏者番に任じられ、同時に従五位下・伊予守に叙位・任官する。文化5年(1808年)4月に大坂加番に任じられる。文化10年(1813年)2月6日に山城守に遷任されるが、直後の5月20日に刈谷城で死去した。享年27。

跡を弟で養子の利以が継いだ。