土岐光衡

土岐氏初代

土岐 光衡(とき みつひら)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将鎌倉幕府御家人伯耆源光長の三男。美濃源氏嫡流土岐氏の祖。

 
土岐 光衡
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 平治元年(1159年
死没 元久3年3月25日1206年5月4日
別名 土岐三郎(『吾妻鏡』)
土岐左衛門蔵人(『尊卑分脈』)
官位 従五位下蔵人左衛門尉
主君 源頼朝頼家
氏族 土岐氏
父母 父:源光長
母:宣能卿女白川局
養父:源光基
兄弟 国長光経光衡
未詳
土岐光行浅野光時
テンプレートを表示

略歴編集

治承・寿永の乱で討死した源光長の末子であったが、伯父・光基の養子となり土岐氏の嫡惣を継承した[1]平家滅亡後は鎌倉幕府御家人となり、建久4年(1193年)に源頼朝富士の巻狩に出掛けた際、これに随行した「土岐三郎」は光衡を指すものと推定されている(『吾妻鏡』同年5月10日条)。

美濃国土岐郡一日市場館を本拠として「土岐」を号したとされることから、実質的な土岐氏の祖とされる場合が多い。系図類では2子が確認され、土岐氏の嫡惣は長子・光行に継承させている。

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈』に「実父光長也 為光基子相続」の記述。

関連項目編集