土岐 康政(とき やすまさ)は、南北朝時代から室町時代守護大名。父は土岐康行。弟に国康、満康。子に持頼世保 康政(よやす やすまさ)とも記される。

 
土岐 康政
時代 南北朝時代 - 室町時代
生誕 不明
死没 応永25年(1418年[1]
別名 世保康政
主君 足利義満義持義量義教
氏族 土岐氏
父母 父:土岐康行、母:土岐詮直の娘[要出典]
兄弟 康政国康満康、土岐詮直室
持頼
テンプレートを表示

生涯編集

土岐氏世保家初代の土岐康行(曾祖父頼康の養子)の嫡男として生まれる。応永11年(1404年)父が没すると、家督を継承した。応永25年(1418年)に死去[1]。家督は子の持頼が継いだ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本人名大辞典+Plus,朝日日本歴史人物事典, デジタル版. “土岐康政とは” (日本語). コトバンク. 2020年10月28日閲覧。

関連項目編集

先代:
土岐康行
土岐世保家歴代当主
2代:? - ?
次代:
土岐持頼