メインメニューを開く

土方 雄重(ひじかた かつしげ)は、江戸時代前期の大名下総国田子藩2代藩主、のち陸奥国窪田藩初代藩主。土方雄久の次男。

 
土方 雄重
時代 江戸時代前期
生誕 文禄元年(1592年
死没 寛永5年12月29日1629年1月23日
別名 鎬彦三郎(通称
戒名 雪江了寒
墓所 大阪府貝塚市森の青松寺
官位 従五位下、掃部頭
幕府 江戸幕府
下総国田子藩主→陸奥国窪田藩
氏族 土方氏
父母 父:土方雄久
兄弟 雄氏雄重雄則雄政平野長泰正室、西光寺某室のち竹山某室
正室:内藤政長の娘
雄次、娘(那須資重正室)、娘(九鬼隆季正室)

2代将軍徳川秀忠小姓を勤めていた。慶長13年(1608年)、父が死去すると家督は長兄の雄氏が継いだが、既に伊勢国菰野の大名として独立していたため、父の旧領の下総田子1万5000石は雄重が継ぐこととなった。慶長19年(1614年)からの大坂の陣では酒井忠世の軍に属して功を挙げた。その功績により、陸奥国菊多郡1万石、能登国内に1万石の合計2万石の所領に加増移封され、窪田藩初代藩主となった。

寛永3年(1626年)、徳川家光の上洛に従った。寛永5年(1628年)12月、37歳で死去した。家督を長男の雄次が継いだ。