土木鋼構造診断士

資格

土木鋼構造診断士(どぼくこうこうぞうしんだんし)は、一般社団法人日本鋼構造協会が認定する資格。

土木鋼構造診断士
英名 Steel Infrastructure Diagnosis Engineer(診断士) /Steel Infrastructure Inspection Engineer(診断士補)
略称 SIDE(診断士)/SIIE(診断士補)
実施国 日本の旗 日本
資格種類 公的資格
試験形式 筆記
認定団体 日本鋼構造協会
等級・称号 土木鋼構造診断士/土木鋼構造診断士補
公式サイト http://www.jssc.or.jp/diagnosis/index.html
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

国土交通省により、本資格のうち下水道管路管理主任技士、下水道管路管理専門技士(調査部門)が公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格に登録されている。[1]

区分編集

  • 土木鋼構造診断士
  • 土木鋼構造診断士補

受験資格編集

  • 学歴に応じた年数の実務経験要

資格取得の流れ編集

  • 講習:東京、大阪で実施
  • 筆記試験:東京、大阪で実施。診断士補はマークシートのみ、診断士は加えて、論文と専門記述式

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集