地域ベル電話会社

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

地域ベル電話会社(ちいきベルでんわがいしゃ、英語: Regional Bell Operating Companies、RBOC)は、1984年1月1日アメリカ合衆国本土において当時の電気通信市場の多くのシェアを占めていたAT&Tの地域通信事業を分割して誕生した電気通信事業者である。ベビーベル(Baby Bells)という通称でも呼ばれてきた。

1984年にベルシステムが解散した直後のアメリカ本土における地域ベル事業会社各社のサービスエリア
  USウェスト
  アメリテック
  サウスウェスタン・ベル
  ベルサウス
  ベル・アトランティック
  ナイネックス
  サザン・ニューイングランド・テレフォン
  シンシナティ・ベル
  パシフィック・テレシス

概要編集

旧AT&T(American Telephone & Telegraph Company)に対するアメリカ合衆国司法省反トラスト法訴訟である合衆国対AT&T裁判英語版の結果、1982年1月8日にAT&T社は地域通信事業を分割することに合意した。1984年1月1日より、AT&T社の地域事業は、以下の7つの独立した地域ベル電話会社に分割された。

1984年の分割以前より、AT&T社はシンシナティ・ベル英語版シンシナティを中心とする、オハイオ州・インディアナ州・ケンタッキー州にまたがる都市圏をサービスエリアとする)とサザン・ニューイングランド・テレフォン英語版コネティカット州をサービスエリアとする)という独立した2つの小さな会社にも出資していた。1984年の分割後は、この2社もAT&T社から完全に独立した。これら9つの会社は、「ベル」の商標権を共有した。

なお、これらの会社はRHC(Regional Holding Company)と呼ばれる持株会社であり、実際の事業は傘下の子会社が担当していた。例えば、ナイネックスの傘下にはニューヨーク州を担当するニューヨーク・テレフォンと、ニューイングランド地方のうちコネティカット州を除く5州を担当するニューイングランド・テレフォンの2社があり、この2社が地域向けの事業を行っていた。

また、AT&Tと分割された7つの地域ベル会社がくまなくアメリカ本土をカバーしたわけではない。後にベル・アトランティックやナイネックスとともに、ベライゾン・コミュニケーションズの一部となるGTE(General Telephone and Electronics)をはじめ、小都市をカバーしている会社が存在した。GTEはハワイ州プエルトリコでは独占的にサービスを提供していた。

合併編集

反独占の名の下に解体されたベビーベルであったが、自由競争の結果の再統合により、AT&Tおよびベライゾンの2社にほぼ集約され、再び寡占市場となっている。

AT&T Corporation
1984年、地域ベル電話会社(RBOC)7社に分割
BellSouthAT&T Corp.
(非LEC
AmeritechPacific TelesisSouthwestern Bell Corp.
(後にSBCコミュニケーションズ)
Bell AtlanticNYNEXUS West
GTE
RBOCでないILEC
Qwest
(非ILEC
Verizon
AT&T Inc.
(元SBC)
CenturyLink
RBOCでないILEC
AT&T Inc.VerizonLumen Technologies

AT&T Inc.編集

1995年にSBCコミュニケーションズ(SBC Communications)に改称したサウスウェスタン・ベルは、1997年にパシフィック・テレシスを、1998年にサザン・ニューイングランド・テレフォンを、1999年にアメリテックを買収した。

2005年2月、SBCは元の親会社のAT&Tコーポレーションを160億ドル以上で買収する計画を発表した。2005年11月18日に合併が完了すると、SBCはAT&Tの名称を引き継いだ。SBCは2005年12月1日にAT&T Inc.として取引を開始した。

2006年、AT&T Inc.はベルサウスを買収した[1]

ベライゾン・コミュニケーションズ編集

1997年、ベル・アトランティックがナイネックスを買収した。2000年に、ベル・アトランティックは独立系最大手の電話会社であるGTEを買収し、社名をベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications)に変更した。

ルーメン・テクノロジーズ編集

2000年、デンバーを拠点とする光ファイバー長距離通信会社であるクウェスト・コミュニケーションズ・インターナショナル英語版がUSウェストを買収した[2]。2011年にクウェスト社はセンチュリーリンク(CenturyLink)に買収された[3]。それ以前の1998年に、同社はアメリテックからウィスコンシン・ベルの一部の回線を買収していた。センチュリーリンクは、2020年9月にルーメン・テクノロジーズ英語版に社名を変更した。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ FCC wrests concessions from AT&T-BellSouth before merger - Dec. 29, 2006 Archived 2020-09-17 at the Wayback Machine.. Money.cnn.com (2006-12-29). Retrieved on 2013-09-04.
  2. ^ Qwest Homepage”. Qwest Communications International Inc.. 2008年1月20日閲覧。
  3. ^ DENNIS K. BERMAN; JOANN S. LUBLIN; SPENCER E. ANTE (2010年4月22日). “CenturyTel Buys Qwest in Land-Line Gamble”. Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/SB10001424052748703876404575200042559183812?mod=WSJ_hps_LEFTWhatsNews 2010年4月22日閲覧。 

外部リンク編集