メインメニューを開く

アメリカ合衆国司法省(アメリカがっしゅうこくしほうしょう、United States Department of Justice、略称:DOJ)は、アメリカ合衆国の連邦政府行政府における司法関係事務をつかさどる機関である。国民の利益を守り、公正で公平な権利を保障することを目的としている。閣僚の一人であるアメリカ合衆国司法長官によって統括されている。

アメリカ合衆国司法省
Department of Justice
Seal of the United States Department of Justice.svg
組織の概要
設立年月日 1870年6月22日
1870年7月1日
管轄 アメリカ合衆国政府
本部所在地 ロバート・F・ケネディ司法省ビル
ワシントンD.C.
人員 112,500人以上(2005年)
年間予算 435億ドル (2007年)
行政官
ウェブサイト http://www.justice.gov/
ロバート・F・ケネディ司法省ビル

日本語で「司法省」と訳されることから司法機関(裁判所)と誤解されがちだが、日本でいう法務省に相当する行政機関である。司法機関に対する指揮命令権・司法行政権などは、三権分立の原則があるため保有していない。

義務編集

  • 連邦法違反の調査および起訴。
  • 合衆国が連邦最高裁判所にて訴追される以前の告発事例に関して連邦政府の代表を務める。
  • 移民法を執行し市民権に関する情報を提供する。
  • 連邦刑務所、矯正施設、及びそれらに関する矯正プログラムの維持管理。

歴史編集

本部編集

2001年11月20日、ジョージ・W・ブッシュ大統領とジョン・アシュクロフト司法長官は、ロバート・F・ケネディ(第64代司法長官)の業績を称え司法省本部ビルを「ロバート・F・ケネディ司法省ビル(Robert F. Kennedy Department of Justice Building)」と命名した。

機構編集

専門の法執行取締機関(特別機関)編集

関連項目編集

外部リンク編集