メインメニューを開く

地球環境局(ちきゅうかんきょうきょく)は、日本の環境省内部部局の一つ。地球温暖化防止、オゾン層酸性雨黄砂対策、海洋環境の保全、森林砂漠化対策、南極地域の環境保護等の地球環境保全に関する政策及び国際機関・海外諸国との調整や開発途上地域に対する環境協力等の環境省に関する国際的な事務をおこなっている。

目次

職務編集

主な職務は下記の通りである。

  • 地球環境保全に関する基本的な政策の企画及び立案並びに推進に関すること。
  • 地球環境保全に関する関係行政機関の事務の調整に関すること。
  • 地球環境保全に関する関係行政機関の試験研究機関の経費及び関係行政機関の試験研究委託費の配分計画に関すること。
  • 環境の保全の観点からの温室効果ガスの排出の抑制に関する基準等の策定及び規制等に関すること(総合環境政策局及び水・大気環境局の所掌に属するものを除く。)。
  • 環境の保全の観点からのオゾン層の保護に関する基準等の策定及び規制等に関すること。
  • 環境の保全の観点からの海洋汚染の防止に関する基準等の策定及び規制等に関すること。
  • 環境省の所掌事務に係る国際協力に関する事務の総括に関すること。
  • 環境省の所掌事務に係る国際機関及び国際会議に関する事務の総括に関すること。
  • 環境省の所掌事務に係る海外との連絡に関する事務の総括に関すること。
  • 環境省の所掌事務に係る海外に対する広報に関すること。
  • 中間貯蔵・環境安全事業株式会社の行う独立行政法人国際協力機構の委託に基づく開発途上地域からの技術研修員に対する研修及びこれに附帯する業務に関すること。
  • 前各号に掲げるもののほか、専ら地球環境保全を目的とする事務及び事業に関すること(特定有害廃棄物等の輸出、輸入、運搬及び処分の規制に関すること並びに生物の多様性の確保に係るものを除く。)並びにその目的及び機能の一部に地球環境保全が含まれる事務及び事業に関する地球環境保全の観点からの基準等の策定及び当該観点からの規制等に関すること(発生機構が未解明な化学物質汚染の防止のために行うもの並びに水・大気環境局及び自然環境局の所掌に属するものを除く。)。

組織編集

  • 局長
    • 総務課
      • 低炭素社会推進室
      • 研究調査室
      • 調査官(1)
    • 地球温暖化対策課
      • 市場メカニズム室
      • フロン対策室
      • 調整官(1)
      • 事業監理官(1)
    • 国際連携課
      • 国際地球温暖化対策室

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集