メインメニューを開く
 
坂田雷
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 天武天皇5年(676年)9月
官位 大紫
主君 天武天皇
氏族 坂田公
テンプレートを表示

坂田 雷(さかた の いかづち)は、飛鳥時代の人物。は公。壬申の乱の功臣。冠位大紫

経歴編集

坂田公継体天皇の子である中皇子を祖とする皇別氏族

日本書紀』が壬申の乱について述べるくだりに坂田雷の名は現れない。天武天皇5年(676年)9月是月条に坂田公雷が死に、壬申の年の功によって大紫の位を贈られたことが記される。どのような功績があったかは不明だが、大紫は壬申の功臣の中でも高位ではある。