メインメニューを開く
坊主窪 古墳群の位置(山形県内)
坊主窪 古墳群
坊主窪
古墳群
坊主窪古墳群の位置

坊主窪古墳群(ぼうずくぼこふんぐん)は、山形県東村山郡山辺町大字大寺にある古墳群。山辺町指定史跡に指定されている。

1号墳は日本海側内陸部で最北の前方後円墳として知られる[注 1]

目次

概要編集

山形県中央部、山形盆地西縁の白鷹丘陵上に位置する古墳群である[1]。かつては約40基の古墳から成ったといわれるが、果樹園造成によりその多くが破壊されたため、現在では5基ほどが確認されるにとどまっている[2][1]。そのうち1号墳に関しては1986年昭和61年)に確認調査が実施された。

古墳群域は山辺町指定史跡に指定されている。

1号墳編集

 
 
1
 
2 
 
3
 
4
前方後円墳の北限・南限
1:角塚古墳(太平洋側北限)
2:坊主窪1号墳(日本海側内陸部北限)
3:菖蒲塚古墳(日本海側沿岸部北限)
4:塚崎51号墳(南限)

坊主窪1号墳は、丘陵最高部の尾根上に位置する小型前方後円墳である。前方後円墳としては日本海側内陸部で最北に位置する[注 1]。1986年(昭和61年)に確認調査が実施されている[3]

この1号墳は元々円墳として築造された古墳であったが、のちに前方後円墳に改変されるという珍しい変遷を経ている[3]。墳丘のうち前方部前端は道路建設により削平されている[1]葺石埴輪は検出されていない[1]。また主体部となる内部施設は未調査で明らかでないが、上述の経緯から後円部に2人の被葬者が埋葬されている可能性が指摘される[3]

この1号墳からは時期を示す出土品は得られていないが、墳形などから6世紀後半の築造と推定されている[3]

1号墳の規模は次の通り[3][4]

  • 墳丘長:25.5メートル(推定復元27.5メートル)
  • 後円部
    • 直径:17.7メートル
    • 高さ:1.45メートル
  • 前方部
    • 長さ:推定復元9.8メートル
    • 前端幅:推定復元16-17メートル
    • 高さ:0.8メートル
  • 周濠
    • 最大幅:1.85メートル
    • 最大深さ:0.8メートル

斜面上に築かれているため、水平面としては後円部と前方部の比高差は1.66メートルになる[4]

文化財編集

山辺町指定文化財編集

  • 史跡
    • 坊主窪古墳群

脚注編集

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 坊主窪1号墳が前方後円墳と判明する以前は、南約17キロメートルの土矢倉2号墳(上山市金谷)が日本海側内陸部で最北の前方後円墳として認知されていた (坊主窪1号墳予備調査報告書 1989)。

出典

参考文献編集

  • 史跡説明板「坊主窪古墳群第一号墳」(山辺町教育委員会設置)
  • 坊主窪1号墳予備調査報告書(山辺町埋蔵文化財調査報告書 第2集)』山辺町教育委員会、1989年。 - リンクは奈良文化財研究所「全国遺跡報告総覧」。
  • 茨木光祐「坊主窪1号墳」『日本古墳大辞典東京堂出版、1989年。ISBN 4490102607
  • 「坊主窪古墳群」『日本歴史地名大系 6 山形県の地名』平凡社、1990年。ISBN 4582490069

座標: 北緯38度18分40.09秒 東経140度15分15.83秒 / 北緯38.3111361度 東経140.2543972度 / 38.3111361; 140.2543972 (坊主窪古墳群)