メインメニューを開く

垂水 克己(たるみ かつみ[1]1893年(明治26年)11月15日 - 1972年(昭和47年)7月7日[要出典])は最高裁判所判事大阪府出身[要出典]

旧制三高時代には弁論部に所属[1]東京帝国大学卒業[要出典]

第二次世界大戦前から判事であり、大審院判事も経験している[1]仙台大阪東京高裁長官を経て、1955年(昭和30年)5月に最高裁判事[1]。「裁判官は議論をし尽くすことが大切」が持論[1]1963年(昭和38年)11月に定年退官[要出典]

刑事法学では教育刑論の立場を取っていた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 野村二郎、31-32頁。

参考書籍編集

  • 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)