メインメニューを開く

埼葛広域農道

日本の埼玉県の広域農道
杉戸町並塚

埼葛広域農道(さいかつこういきのうどう)は、埼玉県吉川市幸手市を結ぶ農道である。

概要編集

  • 開通:昭和58年
  • 事業期間:昭和46年〜55年(土地改良法に基づき、埼玉県の事業により建設)
  • 管理:昭和58年〜沿線各自治体で管理
  • 起点・終点の自治体
    • 埼玉県吉川市(起点)
    • 幸手市(終点)
 
東埼玉テクノポリス入口交差点(農道起点)付近

主な交差する道路編集

道路状況編集

  • 東北自動車道埼玉県道3号さいたま栗橋線国道4号(現道)の埼玉県北東部方面と新4号国道越谷春日部バイパス・国道16号の埼玉県南東部方面を結ぶ道路[注釈 1]として日中は平日、休日問わず交通量が多く、抜け道として使う人が多い。
  • 交通量(特に大型自動車)が他の周辺市町道に比べ多いため、頻繁に路面補修が行われている。これにより、沿線自治体の道路補修の予算が圧迫されており、県道への昇格を望む声が多い。
  • 沿線は田園地帯ということと、道路に直線部が多いため比較的走りやすい。但し、あちこちで沿線警察によるスピード取締りが行われている。
  • 歩道はあまり設置されていない。一部では、農耕用車両が通行するための側道が設けられている。

沿道の主な名所編集

沿道施設編集

幸手市
  • 幸手市水道部・第二浄水場
  • 幸手市立東中学校
  • 東農村文化センター
杉戸町
春日部市
松伏町
吉川市

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 実質久喜市(旧鷲宮町)~吉川市まで、埼玉県道152号加須幸手線埼玉県道371号下吉羽幸手線により一本で繋がっている

出典編集

関連項目編集