堀 一郎(ほり いちろう、1910年(明治43年)3月19日 - 1974年(昭和49年)8月10日)は、日本宗教学者東京大学名誉教授。

来歴編集

三重県生まれ。1929年第一高等学校を卒業[1]し、東京帝国大学文学部印度哲学科入学。同期に五来重らがいる[2]1932年に卒業[3]1935年に大学院を退学した後、1939年から二松学舎専門学校教授、同年文部省国民精神文化研究所助手などとなり、戦後は東北大学教授を経て、1965年東京大学宗教学科教授。1971年定年退官、成城大学教授。また、1950年から國學院大學兼任教授。1953年に「我が国民間信仰史の研究」により、東京大学から文学博士学位を授与される[4]

人物編集

著書編集

著作集編集

  • 『堀一郎著作集』 全8巻 未來社、1977-2002
    • 1 古代文化と仏教
    • 2 宗教と社会変動
    • 3 学僧と学僧教育
    • 4 遊幸思想と神社神道
    • 5 神と人
    • 6 生と死
    • 7 民間信仰の形態と機能
    • 8 シャマニズム その他

編・共著など編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 第一高等学校一覧 自昭和4年至昭和5年』 第一高等学校、1929年、186頁。 
  2. ^ 『官報』第707号、昭和4年5月11日、p.292
  3. ^ 東京帝国大学要覧 昭和7年度』 東京帝国大学、1932年、407頁。 
  4. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2018年4月12日閲覧。
  5. ^ 回想記に『父との散歩』(人文書院、1980年)、夫も言及している。