メインメニューを開く

堀江オルゴール博物館(ほりえオルゴールはくぶつかん)は、兵庫県西宮市苦楽園にあるオルゴールや自動演奏楽器の博物館。兵庫県の登録博物館1993年に開館した。運営は、公益財団法人堀江オルゴール博物館。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 堀江オルゴール博物館
Horie Orgel Museum
堀江オルゴール博物館の位置(兵庫県内)
堀江オルゴール博物館
兵庫県内の位置
施設情報
正式名称 堀江オルゴール博物館
専門分野 オルゴール
収蔵作品数 約360点
館長 松浦眞理子(理事長)
管理運営 公益財団法人堀江オルゴール博物館
開館 1993年
所在地 662-0088
兵庫県西宮市苦楽園四番町7-1
位置 北緯34度45分24.3秒 東経135度18分34.2秒 / 北緯34.756750度 東経135.309500度 / 34.756750; 135.309500座標: 北緯34度45分24.3秒 東経135度18分34.2秒 / 北緯34.756750度 東経135.309500度 / 34.756750; 135.309500
外部リンク 堀江オルゴール博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

故・堀江光男氏が世界を周り収集した360台以上のアンティークオルゴールや自動演奏楽器の展示と定時演奏及び案内・解説を行っている。ロシアのロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ2世愛用のシリンダーオルゴールや、アレクサンドラ皇后のディスクオルゴールのほか、ドイツで使用されていたものという自動演奏楽器「3台バイオリン」のオリジナル(他の博物館のものはレプリカのものが多い)など貴重な品を多数含む、質・量とも日本最大の個人コレクションである。

博物館は3階建てになっており1日に3回、係員の案内で博物館内を見学できる。各フロアにあるオルゴールの解説と実際の演奏が行われる。演奏プログラムは年に2回変更されるほか、特別演奏会なども年に数回開催されている。 春と秋には約800坪の庭園も特別公開される。

主な収蔵品編集

  • 「ニコライ二世」ベーカーアンドトロール(1878年頃)スイス
  • 「シンフォニオン・エロイカ」シンフォニオン社(1886-1890年頃)ドイツ
  • 「マハラジャ」ベーカーアンドトロール(1880年頃)スイス
  • 「サミュエル・トロール」サミュエル・トロール(1880年頃)スイス
  • 「シンフォニオン・エロイカ」シンフォニオン(1886~1890年頃)ドイツ
  • 「シンフォニオン・スタイル92」シンフォニオン社(1900年代)ドイツ
  • 「ポリフォン・ホールクロック"ゲイシャ"スタイル62」ポリフォン社(1890-1895年頃)ドイツ
  • 「ステラ・インペリアル・オーケストラル・グランド202」メルモ・フレール(1890年頃)スイス

一覧編集

  • シリンダーオルゴール ― 153台
  • ディスク・オルゴール ― 108台
  • オートマタ ― 15台
  • オーケストリオン・オルガン ― 16台
  • プレーヤーピアノ ― 12台
  • バンジョー ― 1台
  • ヴァイオリン ― 4台
  • 蓄音機 ― 7台
  • オルゴールの小品 ― 16台

施設概要編集

  • 開館日:火曜日~日曜日・祝日 ※火曜日・水曜日は15名以上の団体のみの受付
  • 休館日:月曜日 ※月曜日が祝日の際は火曜日 夏季休館・冬季休館あり
  • 博物館案内時間 - (1)10:30〜 (2)13:00〜 (3)15:00〜
  • 所在地 - 〒662-0088 兵庫県西宮市苦楽園四番町7-1
  • ひょうごっ子ココロンカードの対象施設になっている。

交通アクセス編集

周辺情報編集

外部リンク編集