堀田 正春(ほった まさはる)は、江戸時代中期の大名出羽国山形藩2代藩主。官位従四位下相模守。正俊系堀田家4代。

 
堀田正春
時代 江戸時代中期
生誕 正徳5年3月12日1715年4月15日
死没 享保16年2月9日1731年3月16日
別名 内記(通称
戒名 青叢院殿禅阿陽岳定心大居士
墓所 東京都台東区西浅草日輪寺
官位 従四位下相模守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
出羽山形藩
氏族 堀田氏
父母 堀田正直、清水氏
堀田正虎
正亮
テンプレートを表示

生涯編集

正徳5年(1715年)、堀田正直(初代藩主・堀田正虎の養嗣子)の長男として誕生。享保2年(1717年)8月に父が早世したため、正虎の世子となり、享保14年(1729年)に養父が死去したため家督を相続した。このとき、養父の甥・正亮堀田正武の長男)に出羽村山郡3000石を分与している。

しかし在任2年後の享保16年(1731年)2月9日に死去した。享年17。継嗣がなかったため、正亮が跡を継いだ。