メインメニューを開く

堀田 正賓(ほった まさざね)は、江戸時代中期の大名近江堅田藩4代藩主。堀田家正高流分家4代。

 
堀田正賓
時代 江戸時代中期
生誕 享保元年(1716年
死没 宝暦8年10月18日1758年11月18日
改名 岩之助(幼名)→正賓
別名 正実
戒名 天宝元仲覚海院
官位 従五位下若狭守
幕府 江戸幕府 大番頭
主君 徳川吉宗家重
近江堅田藩
氏族 脇坂氏堀田氏
父母 父:脇坂安利、母:井原氏
養父:堀田正永
兄弟 脇坂安種正賓
木下利意室(後小出秀充室)、
奥山和佐
正室:松平忠暁
側室:橋本氏
正富(長男)、本庄道堅正室、
堀田正貫正室(後津田信之継室)、
三枝頼音

略歴編集

享保元年(1716年)、播磨国龍野藩2代藩主・脇坂安照の四男の旗本脇坂安利の次男として誕生した。

享保20年(1735年)、先代藩主・堀田正永が早世したため、養子となって跡を継いだ。正賓の曾祖父・脇坂安政は堀田家出身で、正永の祖父・堀田正俊の兄であった。

大番頭を務める。

宝暦8年(1758年)10月18日、死去。享年43。跡を長男・正富が継いだ。