メインメニューを開く

堅田藩(かたたはん)は、近江国滋賀郡・高島郡(現在の滋賀県大津市堅田)に存在した。藩庁は堅田陣屋[1]

藩史編集

戦国時代、堅田は堅田水軍と呼ばれる水軍衆がおり、安土城を本拠として天下布武を狙う織田信長にとっては、堅田は重要拠点と見なされていた。また、堅田は水運の要衝としても大いに栄えた。

近世には、元禄11年3月7日(1698年4月17日)、下野国佐野藩主であった堀田正高が1万石で堅田に移封されたことにより、堅田藩が立藩した。藩政の基礎は初代藩主・正高から第3代藩主・堀田正永の頃にかけて固められた。第6代藩主・堀田正敦陸奥国仙台藩主・伊達宗村の八男であり、その経緯から若年寄湯島聖堂再建の副奉行、『寛政重修諸家譜』などの編纂を務めるなど文教政策に携わっている。文化3年(1806年)には3000石を加増され、1万3000石の所領を領することとなった。なお、正敦は仙台藩の藩主に若年藩主が相次いだため、その補佐役も務めている。藩政においても5ヵ年に及ぶ倹約令を発し、藩財政再建に努めた。

正敦は文政8年(1825年)4月に城主格に任じられたが、翌年10月10日(1826年11月9日)に再び佐野へ移封となったため、堅田藩は廃藩となった。堅田の所領のうち、滋賀郡領は佐野藩の飛び地として幕末期まで受け継がれることとなった。

歴代藩主編集

堀田家

譜代。1万石→1万3000石。

  1. 堀田正高(まさたか)【元禄11年(1698年)3月7日藩主就任-享保7年(1722年)5月9日隠居】
  2. 堀田正峯(まさみね)【享保7年5月9日藩主就任-享保11年(1726年)4月14日死去】
  3. 堀田正永(まさなが)【享保11年6月9日藩主就任-享保20年(1735年)8月29日死去】
  4. 堀田正賓(まさざね)【享保20年11月2日藩主就任-宝暦8年(1758年)10月18日死去】
  5. 堀田正富(まさとみ)【宝暦8年12月10日藩主就任-天明7年(1787年)9月16日隠居】
  6. 堀田正敦(まさあつ)【天明7年9月16日藩主就任-文政9年(1826年)10月10日移封】

脚注編集

  1. ^ 二木謙一監修・工藤寛正編「国別 藩と城下町の事典」東京堂出版、2004年9月20日発行(397ページ)