メインメニューを開く
拾ヶ堰

(せぎ)は、長野県において用水路のことを意味する言葉。この項目では特に安曇野の堰について取り上げる。

安曇野は複合扇状地からできているため、乏水地域である。 そのため、水田の開発には向いていなかったが堰の開削により、水田の開発が盛んになった。

目次

分類編集

安曇野の堰は縦堰横堰に分けられる[1]

縦堰(たてせぎ)
北アルプスの傾斜を利用して水を流している。水の流れが速い。
鳥羽堰、穂高沢、矢原沢がある。
横堰(よこせぎ)
等高線とほぼ平行に水を流し、広範囲にわたって水を行き渡らせる。北アルプスの傾斜を利用する縦堰とは異なり、水の流れはゆっくりとしている。この水のことを押水(おしみず)という。
拾ヶ堰勘左衛門堰矢原堰新田堰新堀堰がある。

安曇野の堰一覧編集

参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小穴喜一『土と水から歴史を探る ―古代・中世の用水路を軸として―』信毎書籍出版センター(1987)

関連項目編集