拾ヶ堰

拾ヶ堰(じっかせぎ)は、安曇野を流れる灌漑用に作られた用水路)である。正式名称は、拾ヶ村組合堰。この堰は、奈良井川松本市島内)から取水し、梓川を横断し、更に大屈曲しながら、烏川安曇野市穂高)に至る約15kmの用水路で、安曇野における最も大規模な用水路である。疏水百選にも選ばれている。

拾ヶ堰
拾ヶ堰
延長 15km
灌漑面積 1000ha
取水 奈良井川松本市島内)
合流 烏川安曇野市穂高
流域 長野県松本市安曇野市
備考 分類:横堰
テンプレートを表示

安曇野は、扇状地であるため地下に水がしみ込んでしまう乏水地域である。そのため安曇野は古くから農業用水に恵まれず、柏原村、吉野村の庄屋などが拾ヶ堰の開削を計画したものである。

2016年平成28年)、国際かんがい排水委員会かんがい施設遺産に登録された。

目次

由来編集

江戸時代信濃国安曇郡成相組成相町村・成相新田町村、長尾組上堀金村・下堀金村、保高組吉野村・柏原村・矢原村・保高村・保高町村・等々力町村の10ヶ村を灌漑する組合堰である。後に、長尾組中堀新田村も加入し、11ヶ村となる。

歴史編集

  • 1799年寛政11年) - 中島輪兵衛が計画を始める。
  • 1806年文化3年) - 2月、讃岐の金比羅様(航海安全の神であり水の神)を参詣し祈願する。
  • 1812年(文化9年) - 金比羅大権現を輪兵衛宅隣に勧請し社を建立。12月に岡村勘兵衛、白沢民右衛門などが計画に加わる。
  • 1814年(文化11年) - 5月に絵図面その他見積願書を松本藩に差し出す。同年末に堰筋に杭打ちがされる。
  • 1816年(文化13年) - 2月11日工事着手。5月11日に一応終了。7月3日に完全に通水をみる。
  • 1817年(文化14年) - 拾ヶ堰が開削される。
  • 1849年嘉永2年) - 拾ヶ堰通船が開通。

開削功労者編集

計画・測量・設計
中島輪兵衛(1752年-1831年、柏原村元庄屋)
平倉六郎右衛門 (1759年-1841年、下堀金村作世話役兼堰廻役)
実務担当・協力
等々力孫一郎(1761年-1831年、保高組大庄屋(孫右衛門の養子)) - 総務担当。
岡村勘兵衛(1778年-1868年、吉野村庄屋) - 人夫出役担当。
白澤民右衛門(1749年-1832年、等々力町村庄屋) - 会計担当。
関与一右衛門(柏原村庄屋)

主な灌漑地域編集

穂高本郷・柏原全域・上堀・下堀

拾ヶ堰通船編集

1849年(嘉永2年)に松本から柏原村まで拾ヶ堰の通船が開通。船主は、柏原村の利兵衛・等々力孫右衛門の2人であった。米穀や酒を松本まで運び、帰りには日用品などを船積にした[1]

特徴編集

  • 拾ヶ堰は標高570mの等高線に沿って流れる横堰(よこせぎ)である。奈良井川の取水口から終点の烏川までの傾斜は約3パーミルで標高差はわずか約5m。水がゆっくりと流れるのが横堰の特徴で、押水(おしみず)という。
  • 灌漑面積、約1000ha。
  • 同じ標高を通すため、水準器(開発当時は、木製の素朴なものであった)による測量で開削された。
  • 拾ヶ堰に架かる橋を見ると「十ヶ堰」と書かれているところもある。また、「拾箇堰」、「十箇堰」などと表記する場合もある。
  • 18世紀から19世紀初めの信濃では概ね人口が停滞したが、拾ヶ堰などの諸堰の開削が奏功した安曇野では人口増加が続いた。
  • サイフォンにより、ラーラ松本付近で梓川の下を潜っている。昔は梓川を横堀で横断していたが、悪天候などで度々流されることもしばしばあった。大正時代、サイフォンが梓川に埋められ、現在のサイフォンが整備されたのは平成のことである。

記念碑編集

拾ヶ堰に関する記念碑は2つある。1つは、国道147号と交差する地点。もう1つは松本市島内犬飼新田の地である。

川沿の自治体編集

参考文献編集

  • 北野進『安曇野と拾ヶ堰』出版・安曇野、1993年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『穂高町誌 歴史編上・民俗編』穂高町誌刊行会、1991年、P320-P321

関連項目編集

外部リンク編集