矢原堰(やばらせぎ)は、安曇野を流れる灌漑用に作られた用水路)である。犀川安曇野市豊科高家熊倉北部)から取水し、北流し、安曇野市穂高穂高神社付近にて東に向かって流れる。主に矢原・白金・等々力・穂高町・等々力町の水田地域を灌漑している。

矢原堰
矢原堰 02.jpg
延長 8.3km
灌漑面積 440ha
取水 犀川安曇野市豊科高家)
流域 長野県安曇野市
備考 分類:横堰
テンプレートを表示
矢原堰の案内板

安曇野を流れる横堰で最初に開削された堰である。

歴史編集

特徴編集

  • 全長8.3km。灌漑面積440ha。
  • 矢原堰は、標高545mの等高線に沿って流れる横堰である。
  • 開削当時は、弥三郎堰と呼ばれていた。
  • 万水川を通水橋で渡る。
  • 熊倉の取水口付近に、水神様や記念碑が立っている。

脚注編集

  1. ^ 年表で綴る安曇野市誕生まで