メインメニューを開く

塚原 政次(つかはら せいじ[1]1871年10月27日明治5年9月14日[2]) - 1946年昭和21年)10月24日[1])は明治時代から昭和初期にかけての日本教育心理学者文学博士[2]

塚原 政次
人物情報
生誕 (1872-10-16) 1872年10月16日明治5年9月14日
飾磨県姫路(現・兵庫県姫路市
死没 (1946-10-24) 1946年10月24日(74歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学文科大学
学問
研究分野 心理学教育心理学
研究機関 広島高等師範学校
広島文理科大学
学位 文学博士(1924年・日本)
称号 東京高等学校名誉教授(1935年)
広島文理科大学名誉教授(1946年)
主要な作品 『教育心理学』(1898年)
『青年心理』(1910年)
『児童の心理及教育』(1926年)
学会 日本心理学会、日本児童学会、哲学会
テンプレートを表示

目次

経歴編集

兵庫県出身。1897年(明治30年)、東京帝国大学文科大学哲学科を卒業[2]1901年(明治34年)からドイツアメリカ合衆国に留学し心理学を研究した[2]。帰国後、広島高等師範学校教授、文部省督学官静岡高等学校長東京高等学校校長を歴任した[2]1934年(昭和9年)より広島文理科大学学長・広島高等師範学校校長を務めた[3]

著作編集

 
塚原政次
 
塚原政次
  • 「学校時代の思ひ出(その十五) : 月夜の訣別式」(『帝国教育』第614号、帝国教育会、1932年11月)
  • 「国運の進展と教育」(『文部時報』第730号、帝国地方行政学会、1941年7月)
著書
訳書

脚注編集

  1. ^ a b 『昭和物故人名録』日外アソシエーツ、1983年、p.323。
  2. ^ a b c d e 大衆人事録 1930.
  3. ^ 人事興信録 1943.

参考文献編集

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年。

関連文献編集

  • 待鳥清九郎編輯 『塚原博士教育功労記念会誌』 塚原博士教育功労記念会、1932年10月
  • 「塚原政次」(伊藤友信ほか編 『近代日本哲学思想家辞典』 東京書籍、1982年9月)
  • 「塚原政次」(大泉溥編纂 『日本心理学者事典』 クレス出版、2003年2月、ISBN 4877331719
公職
先代:
湯原元一
  東京高等学校長
1927年 - 1934年
次代:
近沢道元
先代:
金子銓太郎
  静岡高等学校長
1925年 - 1927年
次代:
堀重里
先代:
三沢糾
  広島高等師範学校附属中学校主事
1915年 - 1916年
次代:
長谷川乙彦