メインメニューを開く

塚本 昌則(つかもと まさのり、1959年4月15日[1] - )は、日本フランス文学者東京大学教授。

目次

来歴・人物編集

秋田県生まれ。1982年東京大学文学部仏文科卒業。92年同大学院人文科学研究科博士課程中退。91年パリ第12大学博士号取得。92年東大文学部助手、94年白百合女子大学専任講師、97年東大人文社会系研究科助教授、2007年准教授。2011年教授。

99年『コーヒーの水』で渋沢クローデル賞ルイ・ヴィトンジャパン特別賞、日仏翻訳文学賞受賞。『カリブ海偽典』で日本翻訳文化賞受賞。 

著書編集

  • 『フランス文学講義 言葉とイメージをめぐる12章』中公新書、2012
  • 『目覚めたまま見る夢 20世紀フランス文学序説』岩波書店、2019

共編編集

  • 『〈前衛〉とは何か?〈後衛〉とは何か? 文学史の虚構と近代性の時間』鈴木雅雄共編 平凡社 2010
  • 『写真と文学: 何がイメージの価値を決めるのか』平凡社、2013 
  • 『ヴァレリーにおける詩と芸術』三浦信孝共編 水声社、2018

翻訳編集

論文編集

参考編集

脚注編集

  1. ^ 『文藝年鑑』2010年