星埜 守之(ほしの もりゆき、1958年 - )は日本文学研究者、フランス文学者、東京大学教授。専門分野はフランス文学、クレオール文学、言語態分析。研究テーマはフランス近現代文学、フランス語圏文学[1]

米国ペンシルベニア州生まれ[2][3]。東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学専攻修士課程修了[1]、同研究科博士課程中退[2][3]パリ第3大学専門研究課程(DEA)修了[4]。2005年から2006年、白百合女子大学仏文科教授、2007年、東京大学大学院総合文化研究科准教授。2012年4月より同大学院教授[5]

受賞歴

著書編集

論文編集

  • コクトーの時代 非=今日的な詩人の肖像 コクトーと第二次大戦」『現代詩手帖思潮社 2000-02, 106-111頁
  • 「予言・エス・神話--アンドレ・ブルトンと戦争」『現代詩手帖』思潮社 2001-04, 36-44頁
  • テルケル/シュルレアリスム - ある前衛を巡って」『水声通信』水声社 2007-09, 107-114頁
  • 砂田明という役者がいた」 『水俣五〇年-ひろがる「水俣」の思い-』 最首悟編・丹波博紀作品社 2007.12 286-298頁
  • ボルタンスキーとシュルレアリスム」『水声通信』 水声社 2008-03, 134-139頁
  • 「「クレオール文学」を翻訳する : 『テキサコ』を中心に」『Les Lettres françaises』(上智大学フランス語フランス文学会)2015, 63-77頁
  • 「アンドレ・ブルトン後のシュルレアリスム : もうひとつのヴァージョンを巡って」『ユリイカ青土社 2016-08, 40-49頁
  • 「ボルタンスキーの箱」『ふらんす』 (特集 クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime) 白水社 2019-07, 10-12頁

翻訳編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 星埜 守之”. www.c.u-tokyo.ac.jp. 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部. 2020年6月9日閲覧。
  2. ^ a b 斬首の光景”. www.msz.co.jp. みすず書房. 2020年6月9日閲覧。
  3. ^ a b H・P・ラヴクラフト” (日本語). 国書刊行会. 2020年6月9日閲覧。
  4. ^ 星埜 守之” (日本語). 東京大学. 2020年6月9日閲覧。
  5. ^ 星埜 守之” (日本語). 科学研究費助成事業(KAKEN). 2020年6月9日閲覧。
  6. ^ 過去の受賞者” (日本語). konishi-zaidan.org. 小西国際交流財団. 2020年6月9日閲覧。