メインメニューを開く

増淵 龍夫(ますぶち たつお、1916年3月3日 - 1983年5月12日)は日本の経済学者、東洋史学者。専門は東洋経済史一橋大学名誉教授。

人物編集

栃木県那須郡出身。旧制栃木県立烏山中学校(現栃木県立烏山高等学校)を経て、1940年旧制東京商科大学(現一橋大学)本科卒業。大学では上原専禄三浦新七に師事し西洋経済史を研究、後に東洋経済史に転向[1]

教育召集により歩兵1712連隊[疑問点]歩兵第66連隊を経て、二等兵で召集解除。

1945年東京産業大学東亜経済研究所参事、1947年東京商科大学副手、1948年東京商科大学経済研究所研究員、1949年東京商科大学経済研究所助教授、1950年一橋大学経済学部助教授、1957年同教授昇格、1960年一橋大学社会学部教授。1962年に一橋大学経済学博士の学位を取得。1970年一橋大学社会学部長、1975年一橋大学附属図書館[2]。1979年一橋大学を定年退官し、一橋大学名誉教授の称号を受ける。1980年から安藤良雄増田四郎らの支持で、成城大学経済学部教授を務め、1981年から成城大学大学院経済学研究科長、成城大学図書館建設委員会委員、大学院規則等検討委員会委員長等も務めたが、1983年死去。

この間1957年から1979年まで社会経済史学会理事。また東京大学文学部慶應義塾大学経済学部、東北大学文学部、岡山大学法文学部等でも講師を務めたほか、日本図書館協会大学図書館部会長等も歴任。

日本における歴史研究に社会史の手法を取り入れた最初期の人物の一人である。

史記』と『漢書』などを分析し、古代中国人行為規範に任侠精神を見出し、前漢の遊侠の持つ任侠精神は、全ての人間関係に敷衍されており、皇帝と官僚の関係も任侠精神に基づくとした。

また川勝義雄による貴族の淵源を後漢末、党錮の禁の際の清流勢力に求める論考を批判。

門下編集

非常に謹厳な性格で、後進を育成するつもりはなかったものの、同僚の村松祐次教授が留学することとなったため、代わりに中国経済史の中川学(一橋大学名誉教授)を指導し育てた。指導学生には他に三谷孝(一橋大学名誉教授)[3]石原享一神戸大学名誉教授)[4]夏井春喜北海道教育大学教授)[5]井上久士駿河台大学教授)[6]伊東昭雄横浜市立大学名誉教授)[7]など。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ [1]一橋大学学園史資料室
  2. ^ 一橋大学附属図書館概要 (PDF)”. 一橋大学. p. 41/46 (2017年7月). 2018年4月22日閲覧。
  3. ^ 「昭和46年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究
  4. ^ 「昭和48年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究
  5. ^ 「昭和52年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究
  6. ^ 「昭和51年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究
  7. ^ 学問以前 (PDF)”. 一橋研究, 3:. 一橋大学. p. 2/7 (1957年3月27日). 2018年4月22日閲覧。