壬生 晴富(みぶ はれとみ、応永29年(1422年) - 明応6年(1497年)は、室町時代後期の地下官人左大史壬生晨照の子。官位正四位上治部卿。法名は道秀多宝院と号した。

経歴編集

応永33年(1426年元服し、従五位下叙爵する。その後、世職である民部少輔主殿頭造東大寺次官を歴任。康正元年(1455年従四位下、寛正6年(1460年正四位下と昇進し、応仁2年(1468年左大史に任ぜられ、父・壬生晨照のあとを受けて官務小槻氏長者となった。

応仁の乱では西軍側につく一方で、文明4年(1472年)東軍側に与していた嗣子・壬生雅久に官務職を譲り、官務に精通していた晴富は雅久を助けて家職を守った。文明14年(1482年)正四位上に至り、延徳2年(1490年)小槻氏で初めて八省卿となった大宮長興に次いで、壬生家として初めて治部卿に任ぜられた。

父・晨照に続いて同族の大宮長興とは官務・氏長者職を争ったほか、氏長者領である近江国雄琴・苗鹿両荘に関する相論を行い家領の確保に努めるなど、大宮家に対抗して壬生家の地位の維持に腐心した。また、応仁の乱で官文庫を喪失した大宮長興に対して、晴富は家訓を作成して文書の保存管理を図るとともに[1]室町幕府の援助を取り付けたほか、延徳2年(1490年)には宗祇から1000疋の寄附を受けるなどして[2]官文庫の維持に成功し相伝の文書を守っている。明応6年(1497年卒去享年76。

著作として『続神皇正統記』『建武三年以来記』があったほか、日記『晴富宿禰記』が伝わっている。

官歴編集

地下家伝』による。

系譜編集

地下家伝』による。

  • 父:壬生晨照
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:壬生雅久

脚注編集

  1. ^ 『当局追誡』
  2. ^ 『大日本史料』第八編之三十九

参考文献編集