壮士劇場』(そうしげきじょう)は、1947年(昭和22年)5月6日公開の日本映画である。大映製作・配給。監督は稲垣浩、主演は阪東妻三郎モノクロスタンダード、93分。

壮士劇場
Soshi Gekijo.jpg
監督 稲垣浩
脚本 八尋不二
出演者 阪東妻三郎
入江たか子
音楽 西梧郎
撮影 石本秀雄
宮川一夫
編集 西田重雄
製作会社 大映京都撮影所
配給 大映
公開 日本の旗 1947年5月6日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

憲法普及会の企画によって日本国憲法発布記念映画としてつくられた3本の映画のうちの一本。新しい日本国憲法の「国民主権」と基本的人権の尊重に因み、自由民権運動を主題とする映画[1]となっている。

あらすじ編集

中江兆民らの自由党に岡山出身の士族、角藤定憲が上京して、参加した。角藤は苦しいなかで、大阪で壮士芝居の公演を続けるが、解散の危機に直面する。しかし、ついに、東京公演を迎える運びとなった。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集