メインメニューを開く

日高 澄子(ひだか すみこ、1923年3月10日[1] - 2002年8月1日)は、日本女優。本名、谷口 富子(たにぐち とみこ)[1]

ひだか すみこ
日高 澄子
日高 澄子
本名 谷口 富子
生年月日 (1923-03-10) 1923年3月10日
没年月日 (2002-08-01) 2002年8月1日(79歳没)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ

京都府京都市中京区出身。セクト・Kに所属していた[1]

目次

来歴編集

植柳尋常小学校(2010年に廃校となった京都市中京区立植柳小学校)卒業後の1935年宝塚音楽歌劇学校に入学して、1936年にグランド・レビュー『ゴンドリア』で初舞台を踏む。宝塚歌劇団25期生。戦後の1946年宝塚歌劇団を退団する。

1947年4月に大映京都へ入社し、阪東妻三郎主演『壮士劇場』で映画デビュー、1952年に退社する。1955年から日活大映にも出演する。その後はテレビドラマの脇役を中心に活動した。

2002年8月1日肝不全で死去。享年79。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本タレント名鑑1993』 VIPタイムズ社、1993年、610頁。

外部リンク編集