メインメニューを開く

夏の終り』(なつのおわり)は、瀬戸内寂聴による日本の短編小説、および同作を含む同名連作短編小説集。また、それを原作とする日本映画

夏の終り
著者 瀬戸内寂聴
発行日 1966年11月10日
発行元 新潮文庫
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
コード ISBN 978-4-10-114401-6
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

目次

概要編集

作家の瀬戸内寂聴が出家前の「瀬戸内晴美」時代に発表した小説で、自身の経験をもとに年上の男と年下の男との三角関係(さらには、年下の男の妻も含めた四角関係)に苦悩する女性の姿を描いた作品。この作品に登場する年上の男の実在のモデルは作家の小田仁二郎であり、年下の男のモデルは、寂聴が女子大時代に見合いで結婚した結婚生活を破綻させることになった相手であり、そのときの夫の教え子であった[1]

1962年に発表された。1963年、「夏の終り」のほか、「あふれるもの」「みれん」「花冷え」「雉子」を含む連作5篇を含む短編小説集として出版され、同年、女流文学賞を受賞した[2]

なお、収録短編のうち「雅子」のみは、同じキャラクターだが登場人物の名前が異なり、また「三角関係」ではなく、「若くして別れた娘との関係」が描かれている。

この作品は、2度映画化されている。

あらすじ編集

映画編集

夏の終り
監督 熊切和嘉
脚本 宇治田隆史
原作 瀬戸内寂聴
製作 藤本款
伊藤和明
越川道夫
深瀬和美
穂山賢一
出演者 満島ひかり
小林薫
綾野剛
音楽 ジム・オルーク
撮影 近藤龍人
編集 堀善介
製作会社 「夏の終り」製作委員会
配給   クロックワークス
公開   2013年8月31日
上映時間 114分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2012年製作、2013年8月31日公開。キャッチコピーは「だって、愛してるの。」

キャスト編集

  • 相澤知子 - 満島ひかり染色家として自立している女性。
  • 木下涼太 - 綾野剛: 知子の10年以上前の愛人。
  • 小杉慎吾 - 小林薫: 知子と同棲8年になる妻子持ちの作家。
  • 鞠子 - 赤沼夢羅: 知子の家に出入りしている女学生。
  • 小杉ゆき - 安部聡子: 慎吾の正妻。
  • 知子の前夫 - 小市慢太郎: 知子が涼太と駆け落ちして娘と共に捨てた夫。

スタッフ編集

ロケ地編集

受賞編集

脚注編集

  1. ^ 2013文藝春秋9月号われ恋愛において後悔せず。
  2. ^ 瀬戸内寂聴さん「とても生々しい感じ」 発刊50年「夏の終り」映画化”. 産経新聞 (2013年8月26日). 2013年9月22日閲覧。
  3. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月19日閲覧。

外部リンク編集