外国裁判所ノ嘱託ニ因ル共助法

外国裁判所ノ嘱託ニ因ル共助法(がいこくさいばんしょのしょくたくによるきょうじょほう)とは日本の法律。

外国裁判所ノ嘱託ニ因ル共助法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 外国裁判所嘱託共助法
法令番号 明治38年3月13日法律第63号
種類 司法
効力 現行法
関連法令 裁判所法国際捜査共助法逃亡犯罪人引渡法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

概要編集

外国の裁判所から日本の裁判所に対して外交機関を経由するなど一定の条件で嘱託がなされた時に、日本の裁判所は民事及び刑事の訴訟事件に関する書類の送達及び証拠調べに関して国内法に従って法律上の輔助を行うことを規定している[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成6年度 犯罪白書

関連項目編集