メインメニューを開く

多治比 木人(たじひ の このひと)は、奈良時代貴族。系譜は明らかでないが、中納言多治比縣守の子との推定がある[1]官位正五位上主計頭

 
多治比木人
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 正五位上主計頭
主君 聖武天皇孝謙天皇淳仁天皇称徳天皇光仁天皇
氏族 多治比氏
父母 父:多治比縣守?
兄弟 国人藤原浜成室、丹比郎女?、木人
テンプレートを表示

目次

経歴編集

天平12年(740年従五位下に叙爵し、翌天平13年(741年兵部少輔に任ぜられる。

中務少輔を経て、天平18年(746年下総守として地方官に転じると、天平勝宝6年(754年南海道巡察使天平宝字4年(760年薩摩守と、聖武朝末から淳仁朝にかけて地方官行政に携わる。

天平宝字8年(764年)22年ぶりに昇進して従五位上に叙せられ、主計頭として京官に復す。その後、藤原仲麻呂の乱もしくは称徳朝の政変で罰せられたらしく官位を剥奪される。

光仁朝に入り、宝亀2年(771年)従五位上に復位されると、宝亀5年(774年正五位下、宝亀6年(775年)正五位上と、その後は順調に昇進を果たしている。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 宝賀[1986: 65]

参考文献編集