メインメニューを開く

多治比 浜成(たじひ の はまなり)は、奈良時代貴族。系譜は明らかでないが、中納言多治比縣守の孫で、右大弁多治比国人の子とする系図がある[1]官位従五位上征夷副使。子に縄主がいる。

 
多治比浜成
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上征夷副使
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 多治比氏
父母 父:多治比国人
兄弟 宇美浜成、三上
縄主
テンプレートを表示

目次

経歴編集

宝亀9年(778年遣唐使に随行して来日した唐使・孫興進を唐に送迎するために送唐客使が任命された際、浜成はその判官となり、翌宝亀10年(779年)渡する。天応元年(781年)6月に送唐客使一行は帰国して[2]、9月に渡唐の功労に対する叙位が行われ、浜成は従五位下叙爵した。翌延暦元年(782年左京亮次いで式部少輔に任ぜられる。延暦3年(784年)従五位上に昇叙され、翌延暦4年(785年)には右中弁に任ぜられた。

延暦6年(787年常陸介として地方官に転じると、延暦7年(788年)には紀真人佐伯葛城入間広成と共に征東副使に任ぜられ蝦夷征討にあたる。延暦8年(789年)持節征東将軍・紀古佐美アテルイらに巣伏の戦いで大敗した際の紀古佐美らを叱責する勅において、浜成のみ蝦夷の軍を討ち払い敵地を侵略したとして、他の将たちより優れている旨、評されている[3]。延暦9年(790年陸奥按察使陸奥守、延暦10年(791年大伴弟麻呂征夷大使に任ぜられたのに伴って、百済王俊哲坂上田村麻呂巨勢野足と共に征夷副使になるなど、引き続き蝦夷征討を担当した。

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 中田憲信『皇胤志』
  2. ^ 『続日本紀』天応元年6月24日条
  3. ^ 続日本紀』延暦8年7月17日条

参考文献編集