多治比 高子(たじひ の たかこ、延暦7年(788年) - 天長3年3月2日826年4月12日))は、平安時代嵯峨天皇。官位は贈従一位

生涯編集

大同元年(806年)に肥前介に任じられた従五位下多治比氏守の娘[1]で、神野親王(後の嵯峨天皇)に寵愛され、嵯峨天皇即位後の大同4年(809年)に橘嘉智子(のちに皇后)とともに夫人となった[2]弘仁元年(810年)には従三位に叙せられている[3]

弘仁6年(815年)にはとなる[4]。妃は内親王のみに許されていた后妃身分で、高子は臣下から妃になった珍しい例である。天長3年(826年)薨去。死後従一位を追贈された。嵯峨天皇との間に子女はいなかった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 一代要記
  2. ^ 日本後紀』大同4年(809年)六月丁亥条
  3. ^ 『日本後紀』弘仁元年(810年)十一月己未条 
  4. ^ 『日本後紀』弘仁6年(815年)七月壬午条

参考文献編集

関連項目編集