多賀 常則(たが つねのり)は、安土桃山時代武将浅井氏織田氏豊臣氏家臣

 
多賀 常則
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正15年4月20日1587年5月27日
別名 新左衛門尉(通称)
主君 浅井長政織田信長豊臣秀吉秀長
氏族 多賀氏
常直[1]
テンプレートを表示

生涯編集

はじめ近江国北部の戦国大名浅井長政に仕えた。その後、尾張国美濃国の織田信長に仕えたといわれており、元亀元年(1570年)には、織田軍の一員として近江南部の大津穴太で浅井・朝倉連合軍と対峙している[2]。以後、天正元年(1573年)8月の越前国朝倉義景滅亡戦(一乗谷城の戦い)、天正9年(1581年)9月の伊賀攻め、天正10年(1582年)2月からの武田征伐にそれぞれ参加した。6月に本能寺の変が起こり信長が死去した後は羽柴秀吉に仕えたが、本能寺の変における動向はわかっていない[2]

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いにも300の軍勢を率いて参加。その後、秀吉の命令で実弟の羽柴秀長付の家臣となり、大和において2000石を知行として与えられた[2]。天正15年(1587年)2月、九州征伐において秀長軍の一員として従軍するが[2]、4月20日に病気のために陣中にて死去した[3]。ただし没年に関しては天正17年(1589年)説、慶長2年12月23日1598年1月30日)説なども存在する(『寛政重修諸家譜』)。

人物編集

織田信長から一定の信任を得ていたようであり、武田征伐が終了した後の4月3日、丹羽長秀堀秀政らと暇を与えられて上野草津温泉での湯治を許されている(『信長公記』)。

脚注編集

  1. ^ 寛政重修諸家譜』巻第六百七十六
  2. ^ a b c d 岡田正人 編 『織田信長総合事典』雄山閣、1999年、239頁。ISBN 4639016328 
  3. ^ 多聞院日記』同年5月7日条には「去月廿日、於西国多賀新左衛門尉病死了ト云々」とある。