夜へ急ぐ人

ちあきなおみの楽曲

夜へ急ぐ人」(よるへいそぐひと)は、ちあきなおみの楽曲で、26枚目のシングルである。1977年9月1日に発売された。

夜へ急ぐ人
ちあきなおみシングル
B面 海のそばで殺された夢
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 友川かずき 
ちあきなおみ シングル 年表
ルージュ
(1977年)
夜へ急ぐ人
(1977年)
あまぐも
1978年
テンプレートを表示

概要編集

作詞・作曲にはフォークシンガーシンガーソングライター友川かずきが起用された。

この頃のちあきは本楽曲の他にもニューミュージックの歌手から提供された楽曲を多く歌っており、前作「ルージュ」は中島みゆき、次作「あまぐも」は河島英五の作品である。

1977年の『第28回NHK紅白歌合戦』では本楽曲が歌唱されたが、ちあきの狂気を孕んだ絶唱は和やかだった会場の空気を一変させ、歌が終わるや否や、白組司会の山川静夫は「なんとも気持ちの悪い歌ですねえ」と台本に無いコメントを発した[1]

元々は、当時開催されていた『広島平和音楽祭』の参加作品として作られた。しかし、本楽曲のテーマは「日本の女の狂乱」であり、『広島平和音楽祭』のテーマとは無関係だった。

また、翌1978年に本楽曲も収録されたアルバム『あまぐも』が発売されるにあたって、アルバムバージョンの録音を行ったが、そのバージョンはロックバンドの「ゴダイゴ」のホーンセクションメンバーのリーダー格、岸本ひろしが編曲を手がけている。

収録曲編集

  1. 夜へ急ぐ人
  2. 海のそばで殺された夢

カバー編集

夜へ急ぐ人
  • 1996年発売の友川かずきのアルバム『ぜい肉な朝』では、友川が「夜へ急ぐ人(ちあきなおみに捧ぐ)」と題して、本楽曲をセルフカバーしている。

脚注編集

  1. ^ 佐藤輝 (2015年12月29日). “伝説となった紅白歌合戦の「夜へ急ぐ人」〜ちあきなおみとジャニス・ジョプリンの狂気”. TAP the POP. 2018年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月17日閲覧。
[脚注の使い方]

関連項目編集