夜須郡

日本の福岡県(筑前国)にあった郡

夜須郡(やすぐん)は、福岡県筑前国)にあった

福岡県夜須郡の位置

郡域

編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 飯塚市の一部(桑曲)
  • 朝倉市の一部(江川、上秋月、田代、山見、日向石、下渕、持丸、菩提寺、甘木、馬田、上浦、草水より北西および美奈宜の杜の一部)
  • 朝倉郡筑前町の全域

歴史

編集

古代

編集

式内社

編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
夜須郡 1座(小)
於保奈牟智神社 ヲホナムチノ
オホナモチ
大己貴神社 福岡県朝倉郡筑前町弥永
凡例を表示

近世以降の沿革

編集
知行 村数 村名
藩領 筑前福岡藩 14村 曽根田村、朝日村、二村、吹田村、甘木村、東小田村、長者町村、松延村、砥上村、赤坂村、三牟田村、篠隈村、三並村、石櫃村
筑前秋月藩 36村 馬田村、下浦村、上浦村、千代丸村、草水村、上高場村、高上村、下高場村、山隈村、野町村、高田村、牛木村、江川村、上秋月村、日向石村、下秋月村、野鳥村、長谷山村、千手村、下淵村、甘水村、楢原村、隈江村、弥永村、依井村、大塚村、持丸村、菩提寺村、栗田村、久光村、森山村、当所村、畑島村、櫛木村、桑曲村、三箇山村
福岡藩・秋月藩 2村 四三島村[1]、中牟田村[2]
 
31.上秋月村 32.秋月村 33.安川村 34.甘木町 35.馬田村 36.大三輪村 37.栗田村 38.三根村 39.中津屋村 40.安野村(紫:飯塚市 桃:朝倉市 赤:朝倉郡筑前町 1 - 11は上座郡 21 - 23は下座郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。(1町9村)
    • 上秋月村 ← 上秋月村、日向石村、江川村、下座郡山見村、田代村(現・朝倉市)
    • 秋月村 ← 下秋月村、野鳥村(現・朝倉市)
    • 安川村 ← 長谷山村、千手村、甘水村、楢原村、隈江村、下淵村、持丸村(現・朝倉市)
    • 甘木町 ← 甘木村、菩提寺村(現・朝倉市)
    • 馬田村 ← 馬田村、千代丸村、上浦村、牛木村、草水村、下浦村(現・朝倉市)
    • 大三輪村 ← 大塚村、弥永村、依井村、野町村、久光村、高田村(現・朝倉郡筑前町)
    • 栗田村 ← 栗田村、森山村、当所村、上高場村、山隈村、高上村(現・朝倉郡筑前町)
    • 三根村 ← 曽根田村、三牟田村、櫛木村、三箇山村、三並村、畑島村、長者町村(現・朝倉郡筑前町)、桑曲村(現・飯塚市)
    • 中津屋村 ← 二村、朝日村、中牟田村、石櫃村、松延村、砥上村、吹田村、赤坂村(現・朝倉郡筑前町)
    • 安野村 ← 東小田村、四三島村、下高場村、篠隈村(現・朝倉郡筑前町)
  • 明治26年(1893年12月27日 - 秋月村が町制施行して秋月町となる。(2町8村)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「上座下座夜須郡役所」の管轄区域をもって朝倉郡が発足。同日夜須郡廃止。

行政

編集
上座・下座・夜須郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)11月1日
明治29年(1896年)3月31日 上座郡・下座郡との合併により夜須郡廃止

脚注

編集
  1. ^ 四三島村(福岡藩領)・分郷四三島村(秋月藩領)に分かれて記載。
  2. ^ 中牟田村(福岡藩領)・分郷中牟田村(秋月藩領)に分かれて記載。

参考文献

編集
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編『角川日本地名大辞典』 40 福岡県、角川書店、1988年2月1日。ISBN 4040014006 
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目

編集
先代
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代
朝倉郡