夢見るテレーズ』(ゆめみるテレーズ、フランス語: Thérèse rêvant英語: Thérèse Dreaming)は、ポーランドフランスバルテュス(バルタザール・ミシェル・クロソウスキー・ド・ローラ)が描いた1938年の絵画。ニューヨークメトロポリタン美術館の所蔵品の一つであり、その挑発的な主題と芸術的価値の高さ[1]は、メディア、美術史家、心理学者、文化学者の関心を繰り返し集めている[2]

『夢見るテレーズ』
フランス語: Thérèse rêvant
英語: Thérèse Dreaming
作者バルテュス
製作年1938年
素材キャンバス油彩
寸法149.9 cm × 129.5 cm (59.0 in × 51.0 in)
所蔵メトロポリタン美術館ニューヨーク

1936年に、バルテュスは、隣に住む11歳の少女テレーズ・ブランシャールと知り合った。その後の3年間に、バルテュスは彼女をモデルにして多くの絵を描いた。これらの作品は、少女の思索めいた表情などが正しく描写されている。その中の2枚で、テレーズは片足を上げて、白い下着を見せる同じポーズで描かれている。この作品が1937年の『猫と少女』と、1938年の『夢見るテレーズ』である[2]

脚注編集

参考文献編集

  • Schjeldahl, Peter (10 2013). "In the Head. Balthus and Magritte reconsidered" (Газета) (英語) (The Art Newspaper ed.). 7 Cite journalテンプレートでは|journal=引数は必須です。 (説明); |date=の日付が不正です。 (説明)
  • Rewald, Sabine (1998). "Balthus's Thereses" (Сборник) (英語) (33) (Metropolitan Museum Journal ed.): 305–314. doi:10.2307/1513021 Cite journalテンプレートでは|journal=引数は必須です。 (説明)