メインメニューを開く

大タク株式会社(だいタク)は、大阪府タクシーを運行する事業者である。浪速無線事業協同組合に所属する。日本交通グループ。

大タク株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
532-0034
大阪府大阪市淀川区野中北1-2-15
設立 1951年(昭和26年)1月22日
業種 陸運業
法人番号 4120001103876 ウィキデータを編集
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役社長 澤志郎
資本金 4,000万円
主要株主 日本交通株式会社
主要子会社 大タク自動車管理株式会社
大タク整備株式会社
外部リンク http://www.nihonkotsu.co.jp/taxi/daitaku/
テンプレートを表示

概要編集

「大タク」は大阪、日本のタクシー事業の草分け的存在であり、戦前期の大阪では最大手の企業であった。菱形「大タク」マークがトレードマークであり、また西宮市において乗合バスを受託営業していた時期があったが、この路線は現在の阪急バスのルーツとなっている。なお、名古屋地区には事業提携を行った「名タク」が存在し、この後身である名鉄交通は現在も菱形「名タク」マークを掲げている。

戦時統合でキンタクなど数社と統合して大阪交通(大交)となるが、戦後旧大タク関係者が新たに興したのが現在の会社である。一方の大阪交通はその後経営難から小佐野賢治が率いる東京の国際興業の傘下に入り、1960年そのまま同社を合併して「国際興業」に改称した。従って、現在の国際興業タクシーは同根であるといえる。

事業所所在地編集

沿革編集

  • 1917年 大阪タクシー自動車会社 創業
  • 1937年 交通統制に伴い、大阪交通(現在の国際興業)に統合
  • 1951年 大タク株式会社設立 営業開始
  • 1995年 日本交通と資本提携する

関連会社(グループ企業)編集

  • 大阪自動車管理株式会社
  • 大タク整備株式会社

外部リンク編集