フラウィウス・テオドシウスラテン語: Flavius Theodosius, 生年不詳 - 376年)は、ローマ帝国の軍人。

東方正帝テオドシウス1世の父であり[1]大テオドシウスラテン語: Theodosius senior)とも呼ばれる。

生涯編集

西方正帝ウァレンティニアヌス1世によってブリタニア軍区の総管英語版に任じられ、367年から368年にかけてブリタニアで起こった大陰謀英語版やウァレンティヌスの反乱を鎮圧した。

ブリタニアの秩序を回復した後に大陸に戻りアレマン人と戦った。ウァレンティニアヌス1世のマギステル・エクィトゥムとしてアレマンの地に侵攻し、372年にはサルマティア人に対する遠征も行った。同年にマウレタニアフィルムスが反乱を起こすとテオドシウスはアフリカに赴いて反乱を鎮圧した。

ウァレンティニアヌス1世が死去した翌年の376年、逮捕された後に処刑された。ウァレンティニアヌス1世の子であった西方正帝グラティアヌスと共同皇帝ウァレンティニアヌス2世に対する脅威と見なされたためとされている。

出典編集