大中臣安則
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 承和14年(847年
死没 延長6年正月24日928年2月14日[1]
官位 従四位上神祇伯
主君 光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 大中臣氏
父母 父:大中臣道雄
兄弟 安景、有常、春常、秋常、時常、安則
完行、密如、述征、茂之、俊行、正行、文行、頼行、光行、佐行
テンプレートを表示

大中臣 安則(おおなかとみ の やすのり)は、平安時代前期から中期にかけての貴族伊勢神宮祭主駿河守・大中臣道雄の六男。官位従四位上神祇伯

経歴編集

寛平6年(894年)4月、正六位上神祇権大祐のときに伊勢神宮祭主に補任される。寛平7年(895年従五位下叙爵し、神祇権大副に転任。寛平9年(897年)従五位上、延喜14年(914年正五位下、延喜17年(917年)には従四位下に叙せられ、延喜18年(918年)2月に神祇伯に任ぜられる。延喜21年(921年伊勢権守を兼ね、延喜23年(923年)従四位上に至った。延長6年(928年)正月24日、82歳で卒去[1]

延喜6年(906年)に大中臣良臣ら同族8人らと共に『新撰氏族本系帳』を奉り、『延喜式』の撰修にも携わった。また、祭主として延喜22年(922年)4月、延喜23年(923年)正月には京の病を祈禳。延長3年(925年)5月、延長5年(927年)5月には祈雨を行っている[2][3]

官歴編集

※以下、『類聚大補任』の記載に従う。

  • -年-月-日:正六位上に叙し、神祇権大祐に任ず。
  • 寛平6年(894年)4月18日:伊勢神宮祭主に任ず。
  • 寛平7年(895年)正月-日:従五位下に叙す。8月-日:神祇権大副に転ず。
  • 寛平9年(897年)11月20日:従五位上に叙す(踐祚)。
  • 延喜14年(914年)正月7日:正五位下に叙す。
  • 延喜17年(917年)11月17日:従四位下に叙す。
  • 延喜18年(918年)2月-日:神祇伯に転ず。
  • 延喜21年(921年)正月-日:伊勢権守を兼ぬ。
  • 延喜23年(923年)正月7日:従四位上に叙す。
  • 延長6年(928年)正月24日:卒去。享年82。

系譜編集

  • 父:大中臣道雄
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女
    • 長男:大中臣完行(?-?)
    • 次男:大中臣密如
    • 三男:大中臣述征
    • 四男:大中臣茂之
    • 五男:大中臣俊行
    • 六男:大中臣正行
    • 七男:大中臣文行
    • 八男:大中臣頼行(?-?)
    • 九男:大中臣光行
    • 十男:大中臣佐行

脚注編集

  1. ^ a b 大中臣氏系図』による。『類聚大補任』には没年を延長3年(925年)、承平3年(933年)とする説を載せる。没年齢はともに82。
  2. ^ 日本紀略延長3年5月25日条。
  3. ^ 貞信公記延長5年5月25日条。