メインメニューを開く

大入袋(おおいりぶくろ)とは、興行において「大入り」の場合に関係者に配られる

御園座の大入袋

大相撲寄席歌舞伎演劇)などで客が多く入った際祝儀として配られるもので、一般的には紅白(赤地に白抜き)で「大入」などの文字が勘亭流で刷られたものが多く見られるが[1]、色柄は必ずしも定まってはいない。

袋の中身は現金で「御縁」が多くあるようにということからかつては五円玉1枚などが見られたが、現在では50円玉あるいは100円玉を入れるのが一般的[1]。もっとも、大入袋に入れる金額は必ずしも全ての場合において決まっているわけではなく、大相撲満員御礼の際に力士や大相撲関係者などに配られる場合10円玉1枚になるなど異なる場合もある。中身は使い、袋は折り曲げたりすることなく縁起物として楽屋や自宅などに飾ったのちに、新たな大入りを祈って燃やすのだという[2]。なお、劇場などでは節分に福豆を入れたものが観客に対してまかれることもある[3]

発祥には諸説あり、1896年明治29年)に初代 市川左團次明治座で行なった興業で配ったものが始まりともされる[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 大入袋”. Yahoo!百科事典. 2012年1月26日閲覧。
  2. ^ 桂米輔の楽屋便り欄 角座のことなど&今のお茶子さん”. 桂米輔新聞 (2004年10月). 2012年1月26日閲覧。
  3. ^ 「鬼は外、福は内」現歌舞伎座で最後の豆まき”. 歌舞伎美人 (2010年2月5日). 2012年1月26日閲覧。

外部リンク編集

関連項目編集