大塚 常三郎(おおつか つねさぶろう、1880年明治13年)3月3日[1] - 1926年大正15年)3月21日[2])は、朝鮮総督府官僚内大臣秘書官長

経歴編集

栃木県出身。1905年(明治38年)、東京帝国大学法科大学英法科を卒業し、高等文官試験に合格した[1][3]内務属、沖縄県警視統監府書記官、朝鮮総督府書記官、同農商工部鉱務課長、同参事官、同内務部第二課長、同内務局長中枢院書記官長などを歴任[1]1925年(大正14年)、内大臣秘書官長に転じた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d 内大臣秘書官長大塚常三郎叙勲ノ件」 アジア歴史資料センター Ref.A10113025100 
  2. ^ 『官報』第4072号、大正15年3月24日。
  3. ^ 人事興信録 1925.

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。