メインメニューを開く
松永武吉

松永 武吉(まつなが たけきち[1] / ぶきち[2]1869年11月19日(明治2年10月16日[3] - 1936年昭和11年)1月15日[1])は、日本の逓信朝鮮総督府官僚。官選島根県知事錦鶏間祗候

目次

経歴編集

鹿児島県出身。松永包泰の二男として生まれる。1891年7月、帝国大学法科大学を卒業。同年8月、逓信省に入省し試補・電気局勤務となる[2][4][5]

以後、逓信省事務官大臣官房勤務兼電務局外信課長、同大臣官房秘書課長心得、同大臣秘書官、同大臣官房秘書課長、同参事官、横浜郵便電信局長、兼外務省参事官、郵便為替貯金管理所長、逓信省総務局文書課長、大阪通信管理局長などを歴任[5]

1904年11月、島根県知事に就任[2]1908年3月、知事を休職となり、1910年3月、休職満期[5]。同年10月、朝鮮総督府に転じ平安南道長官に就任。1916年3月、京畿道長官に転任。1919年8月、官制改正により京畿道知事に就任。同年9月、朝鮮総督府中枢院書記官長兼同事務官・総督官房外事課長となる。1922年9月に依願免官となり退官した[4][5]1924年1月24日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[5][6]

その後、義勇財団海防義会理事、日本航空輸送 (株) 監査役、日本学生航空聯盟会長、帝国飛行協会評議員、同理事を務めた[5]

栄典編集

位階
勲章
外国勲章等佩用允許

著作編集

  • 『貯金要論』博文館、1903年。

脚注編集

  1. ^ a b 『昭和物故人名録 昭和元年-54年』459頁。
  2. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』783頁。
  3. ^ 『人事興信録』初版、787-788頁。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』155頁。
  5. ^ a b c d e f 「故松永武吉勲章加授ノ件」
  6. ^ 『官報』第3426号、大正13年1月28日。
  7. ^ 『官報』第4326号「叙任及辞令」1897年12月1日。
  8. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  9. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  10. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  11. ^ 『官報』第5039号「叙任及辞令」1900年4月23日。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『昭和物故人名録 昭和元年-54年』日外アソシエーツ、1983年。
  • 『人事興信録』初版、人事興信所、1903年。
  • 内閣「故松永武吉勲章加授ノ件」昭和11年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-018-00・勲00766100