大塲 亮太郎(おおば りょうたろう 1960年3月6日 - )は、日本検察官法務官僚名古屋高等検察庁検事長。

人物編集

兵庫県出身。1984年 早稲田大学法学部卒業後、1986年 検察官任官。

法務省矯正局総務課長、法務省大臣官房施設課長、大臣官房秘書課長、大臣官房審議官等を経て、2015年 津地方検察庁検事正[1]

2016年 最高検察庁検事、2017年 最高検総務部長、2018年 最高検公判部長、2019年1月18日 法務総合研究所[2]、2020年3月30日 仙台高等検察庁検事長[3][4]。2021年9月3日 名古屋高等検察庁検事長[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Company, The Asahi Shimbun. “朝日新聞デジタル:大場亮太郎さん - 三重 - 地域” (日本語). www.asahi.com. 2020年6月1日閲覧。
  2. ^ 法曹界人事 ― 日本法総合オンラインサービス[ウエストロー・ジャパン]” (日本語). 2020年6月1日閲覧。
  3. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年3月24日). “広島高検検事長に中原氏 仙台は大場氏” (日本語). 産経ニュース. 2020年6月1日閲覧。
  4. ^ 「不偏不党を貫徹」 大場検事長が就任:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年6月1日閲覧。
  5. ^ ■名古屋高検検事長に大場氏” (日本語). 日本経済新聞 (2021年8月28日). 2021年8月28日閲覧。

外部リンク編集