メインメニューを開く

大多和(おおたわ)氏は、日本の氏族。

大多和氏
家紋
丸に三引両まるにみつひきりょう
本姓 桓武平氏三浦氏流
家祖 大多和義久
種別 武家
出身地 相模国三浦郡大多和村
主な根拠地 相模国三浦郡大多和村
著名な人物 大多和義久
大多和與四郎
支流、分家 恵義氏武家
糸久氏武家
土橋氏武家
吹良氏武家
品川氏武家
中尾氏武家
壱岐氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

相模国の有力御家人三浦氏庶流であり、相模国三浦郡大多和村(現:神奈川県横須賀市太田和)を本貫地とする。

概略編集

桓武平氏三浦氏の一族、三浦義明の子大多和義久が、領地(相模国三浦郡大多和村)の名前を名字として称したのが始まり。

義久の子義成は従兄の和田義盛の乱には、義盛に与せず北条氏について生き延びた。さらに宝治合戦で一族の三浦泰村が謀反を起こしたときも、北条時頼に従っている[1]

1333年に、義久の5代目の子孫の大多和義勝(六左衛門尉義行)は新田義貞の鎌倉討伐に馳せ参じてその傘下に入り、戦功を挙げた。

おもな人物編集

系図編集

 三浦義明
   ┃
 大多和義久
   ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┓
  義成                 久盛 久村
   ┣━━┳━━━┳━━━━┳━━━┓  ┃
  義季 重義 恵義義益 粂久重秀 義胤 久親
   ┃
  義遠
   ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┳━━┳━━┓
  義任                   行秀 師義 義泰 義方
   ┣━━┳━━┳━━━━━━━━┳━━┓  ┃  ┃     ┣━━┳━━┓
  義綱 宗義 義長       義武 義貞 義名 時義    近明 宗義 忠明
   ┣━━┓  ┣━━┳━━┓  ┣━━┓
  義兼 義郷 行義 義清 義高 義顕 義季

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木かほる『相模三浦一族とその周辺史-その発祥から江戸期まで』(新人物往来社2007年)より。

関連項目編集